最近は天気に恵まれていますが、ちょっと恵まれすぎかな…と思うほど暑いです。
暑すぎて作業もはかどらない…と言い訳したくなる気持ちをこらえて(笑)ギプロの進捗を公開します。

今回は、参加メンバーさんからいただいたアンケート結果をもとに分析&サイトの方向性を決めていく作業で利用したツールMind Meisterについて紹介します。

アンケートについては、コロナ禍での集客・営業を考えるSWOT分析とマーケティング・ミックスをご覧ください。

アンケート分析結果

まず、アンケートにご回答いただいた参加メンバーさんにこの場を借りてお礼申し上げます。
お忙しい中お時間をいただき、まことにありがとうございました!

さて、本題に入ります。
アンケートの回答を分析した結果、参加メンバーさんにとある共通点を発見しました。
さて、共通点とはどんな事柄でしょうか…?


メンバーさん全員がふるさと納税の返礼品として、自分の商品を提供なさっていることがわかりました。
これは大きなアピールポイントです。

ふるさと納税には、納税者・自治体・返礼品の提供者それぞれにメリットがあります。
なので、これから作るサイトにはふるさと納税についていくつか記事を投稿する予定です。
できれば、ふるさと納税の経験者にもインタビューをしたいと考えています。

それから、商品に地元の原材料を積極的に利用なさっているという共通点もありました。
最近よく耳にする持続可能な開発目標(SDGs)にもつながる、重要なポイントではないかと感じました。
※外部サイトに移動します↓

マインドマップでアイディアの棚卸しを行う

ほかにもサイト拡散・宣伝のためのアイディア、記事の内容などいろいろ企画している最中ですが、長くなりそうなのでここでは省略させていただきます。
参加メンバーさんには、企画書を送信する予定です。

「あれもやろう!これもやりたい!」と、アイディアが浮かんで来るのはいいことです。
しかし、頭の中の棚卸しをしていると収拾がつかなくなってしまいます(笑)

そこで、マインドマップを取り入れることにしました。
マインドマップとは、イギリスの著述家トニー・ブザン氏が考案した思考の表現方法です。

読者のみなさんは、このような図をご覧になったことはありますか?

ギプロマインドマップ

これは、私がMind Meisterというサイトを利用して作成したマインドマップです。
※都合により一部伏せさせていただきました


Mind Meisterは無料でも使えますが、マインドマップを3つまでしか作れません。
たくさん作りたい方は、課金すれば無限に作れるそうです。
使ってみたら想像以上に便利だったので、課金するか迷っています。

このようにアイディアを文字にして、さらに思いついたことを次々書き足していくことにより、サイトの方向性が固まってきました。
投稿する記事の内容もたくさん出てきたので、これから形にしていかなくてはいけませんね。

さいごに

はたして、緊急事態宣言は20日で解除になるのでしょうか?
まだ先が見えませんが、今やれることをしなくては。

これから、さらに多くの方のご協力をいただきたいと考えています。
そのときはぜひ、よろしくお願いいたします!