ピグユキくんピグユキくん

稲刈りだ!コンバイン出動!!


9月下旬のカラッと晴れたある日、ついに稲刈りが始まったよ!
ピグユキくんとアコードさんとピグパパの3人で、コンバインに乗ったよ~!
コンバインに乗って稲刈り

広告

今はコンバイン、昔は…

今の時期、田んぼで大活躍しているコンバイン。
黄金色の稲を、ザクザク刈り取っていくよ。

でも、じーちゃんが農業をしていた頃は機械なんてなかったから、当時の稲刈りは鎌で刈り取る手作業だったんだって。
広い田んぼをカマで刈り取るのは時間がかかるから、多くの人々に協力してもらいながら仕事を進めていったんだ。

コンバインは稲を刈るだけじゃなくて脱穀(だっこく)と言って、稲の穂とモミを別々にする作業もしてくれるんだよ。
手で刈り取っていた頃の脱穀は、『脱穀機』っていう機械を使っていたんだ。


リリオさんは、足踏み式脱穀機を見たことがあるよ。

コンバインのおかげで、稲刈りと脱穀がいっぺんにできるなんて、かなりの時短になるよね!

ちなみに、アコードさんが乗っているコンバインは6条刈り。
一度に6列の稲を刈り取る事ができるんだ。
昔、オトーさんが乗ってたコンバインは5条刈り(一度に5列刈り取れる)
さらに昔、乗ってたのは4条刈り(一度に4列刈り取れる)

一度に刈り取れる列が増えるってことは、田んぼを何度も往復しなくていいから、これも時短になる。
だから、オトーさんが稲刈りしていた頃よりも、もっと作業が早く終わるようになったんだ。

北海道の田んぼは平らで面積が大きいから、大きなコンバインが便利だけど、本州には棚田(山とか坂にある階段みたいになった田んぼ)があったりするから、そういう場所では小回りがきく4条刈りコンバインの方が使いやすい。
だから、コンバインのカタログには4条刈りから6条刈りまで載っているんだよ。

アコードさんがお世話になっている井関農機さんのコンバイン↓


3条刈りと、7条刈りのコンバインまであるんだね…。
リリオさん知らなかったよ(笑)

天気が良くて稲刈り日和♪

ピグユキくんピグユキくん

1年ぶりのコンバイン!今年もよろしくね!!


ピグパパピグパパ

春先の嵐や台風があったけど
無事に稲刈りできて良かったナ!


そうだよね、いろいろあったよね。


アコードさんアコードさん

いろいろあったけど
こうして無事に収穫の日を迎える事ができて良かった…


そして、みんなの思いを乗せてコンバインは、広い広い黄金色の田んぼの中を進んでいくよ。

広告

フレコンは万能選手

じゃがいもの作業で活躍したフレコン
フレコンは農業だけじゃなく、いろんなお仕事で大活躍!!
農産物の他に土を入れて土嚢にしたり(山沿いの工事現場などに置いてあるよね)


刈り取ったお米は、コンバインから空っぽのフレコンに入れていくよ。
脱穀された米をフレコンに入れる

ピグユキくんピグユキくん

フフフ…これから倉庫の中はフレコンでいっぱいになるね♪


ピグパパピグパパ

乾燥機にも入れなきゃいけないから忙しいゾ


そう、お米は稲刈りしたらそれで終わりではないんだ。


まだまだ作業は続くよ~!!

次回のお話ちょっとだけお知らせ

稲刈りの後は乾燥!
倉庫にある乾燥機で、お米を乾かす作業をしていくよ。
ピグユキくんは、乾燥機にどんどんお米を入れていったよ。

この次もお楽しみに!!