WordPressに引っ越してから最初のお話がまさか被災体験談になるなんて…。

まだお話も引っ越し作業の途中で読みづらいから修正してるんだけど、
どうしても今回の地震で体験した事はすぐに書かなきゃと思って。

地震があった9月7日の朝。
北海道中が停電になってもちろんアニキ家も停電。

そんな時役に立った簡単に作れるランタンとアコード農産のお話をするね。

大規模な停電

簡易ランタン
大きな揺れを感じてから何分かたってその後リビングの明かりがフッと消えた。
夜明けが来れば復旧するかな~なんて思ってたけどいつまでたっても電気がつかない。
ビックリしてほくでんのホームページを見たらずっと【サーバーメンテナンス中】って出てる。

まさか北海道各地で停電していたなんて…。

アニキ家は電力復旧まで2日近くかかったよ。
その間スマホのバッテリーが減りすぎた時は車に乗ってラジオを聴きながら車用充電器で充電して(下のリンクのお話に出てくるアイテム)


次の日役場が一足先に復旧してからはスマホの充電をさせてもらったりしてたんだ。

明るい時間帯はまだよかったけど暗くなってからがやっぱり不便だったよ。
家の中は真っ暗で足元が見えないからちょっと移動するにも危ない。

アニキは仕事に行ったけどリリオさんは休みだったからひとりでいると取り残されてるみたいでどんどん気が滅入ってきたんだ…。

万が一また大きな揺れがあった時のためにアミーゴスは全員避難準備(バッグの中で待機)していたよ↓

簡単にできる!簡易ランタンの作り方

暗くなる前にTwitterで情報収集していたら身近にあるモノでできる簡易ランタンを作る方法を見つけたよ。

この前偶然アニキがLEDライトをもらったのがあったから明るい時間帯にペットボトルに水を入れておいて準備しておいたよ。
そして日が暮れてからさっそくやってみた。

LEDライトのスイッチを入れてその上に水入りペットボトルを置いたら…優しい明かりが部屋中に広がったよ。
LEDライトの明かりだけだと天井を強く照らすから手元が見えにくかったけど、
ペットボトルランタンは天井だけじゃなく周りも明るくなったからテーブルの上に置いたモノもよく見えるんだ。

アコードさんとアミーゴスは収穫に向けて立ち上がった

リリオさんはふるさとのみんなと作物が心配だったから週末に見に行って来たよ。
収穫間近の田んぼ

田んぼは少し稲が倒れたけど去年よりは被害も少なく済んだ。

にんじんは割れたり青首にんじんが少し多いかな…。
アコードさんとにんじん畑

それでもこれから始まる収穫に向けてアコードさんとアミーゴスは円陣を組んで一致団結したよ↓

震源地付近の厚真町や安平町は被害も大きく、
農業・酪農に携わる方々は作物を処分せざるを得なくなったと朝のニュースで放送されていたよ。

手間暇愛情込めて育てた作物を廃棄しないといけない…。
オトーさんの仕事を小さい頃からずっと見てきたリリオさんはそのニュースを聞いて他人事ではないと思ったよ。

食べて応援!北海道の農業

このお話を読んでいる道外の方や世界中から北海道に観光に来て下さる皆さんにお願いがあります。

これからいろんな野菜やお米が収穫の時期を迎えます。
皆さんの食卓へ届くにはもう少し時間はかかりますが、
どうか北海道の農家さんが一生懸命作った作物をどんどん購入しておいしく料理してお腹いっぱいになるまで召し上がってほしいのです。

リリオさんのブログにはお米やじゃがいもができるまでのお話を書いていますが、
作物が収穫できるまでには何ヶ月もの時間がかかります。
無事に収穫できればいいけれど最近は台風や大雨などで被害を受け、
収穫量が減ったり品質が下がってしまう事もあります。

そして今回の北海道胆振東部地震。
地震と停電で出荷できなくなった作物も数多くあります。

その中でようやく皆さんの元に届いたお米や野菜に畜産物は宝物です。
食べて消費してくれる事が農家にとっての心強い応援になります。

アコードさんもアミーゴスも収穫に全力を尽くすのでどうぞよろしくお願いします!!