4月。
強い風が吹き、ビニールハウスは壊されてしまった。
これから籾まきという時に、大きなピンチを迎えてしまった。

しかし、誰ひとりとしてあきらめなかった。
アコード農産のメンバーは、力を合わせてこのピンチを乗り越えた。

今回のお話は、大きなピンチから立ち上がり、ハウスを復活させ無事に籾まきを終わらせた記録である。
籾を蒔いた育苗箱

広告

壊されてしまったビニールハウス


次の日から籾まきをするため準備万端だったが、強く吹き付ける風にハウスも我々も何もできなかった。
ピグユキは、
ピグユキくんピグユキくん

ビニールハウスが壊れた!


あわてて家に走って来た。

家族みんなでレインスーツを来て、雨が降る中ハウスを解体した。
パトロールに来ていた、農協の人たちも手伝ってくれた。
※その節はお世話になりました

…最大のピンチ。
そんな時だったけど、

アコードさんアコードさん

やるか!!


彼らの挑戦は始まった。

次の日、希望のタネまき

種籾も土も準備できた。
籾まき機

ピグパパピグパパ

これからがんばっていこうゼ!


ブタノブくんブタノブくん

んだな!!


リリオさんリリオさん

みんなで力を合わせれば何とかなる!!


こうして籾まきは始まった。

広告

籾まき作業は順調

機械に育苗箱(いくびょうばこ)を入れていくとベースとなる土がかけられ、その上に種モミがパラパラとまかれる。
その先に進むと、種モミの上にさっきのとは違う種類の土がかけられる。

できあがった育苗箱を運ぶのは、ピグパパの役目。
育苗箱とピグパパ

この日に植える予定の半分くらい育苗箱が完成したところでちょっと一休み。

楽しい休み時間

少し寒かったこの日は、あったかいコーヒーとパンで休憩。
休憩時間

ピグパパピグパパ

お母さんがいれてくれたコーヒーはおいしいナ


お母さんが淹れてくれたコーヒー↓

これをお湯に混ぜただけのコーヒーだった。

広告

作業は無事に終わる

この日は1366枚の育苗箱に種モミをまいた。

無事に仕事が終わりホッとしているピグユキ。

ピグユキくんピグユキくん

一時はどうなるかと思ったけど
みんなで一生懸命やれば何とかなったね!


そう話すピグユキの表情は充実感にあふれていた。

次回のお話ちょっとだけお知らせ

次回はプロジェクトN ~苗ふせ編~をお送りします。

みんなでまいた育苗箱。
それを1つずつハウスの中にならべて行く作業のお話です。
この次もお楽しみに!!