リリオ左

ピエ!引き寄せの法則って知ってる?


ピエ右

“思考は現実化する”とか言うヤツでしょ?
元カレの事ばかり考えてたら復縁して付き合えるようになったとかさ
でもあれって何かうさん臭くない?


リリオ左

多分引き寄せの法則をスピリチュアルなものだととらえてる人が多いからじゃないかな?
私は“考え方を変えた結果望んだものが手に入った”っていう事だと思ってるよ


という事で今回のお話は引き寄せの法則についてリリオさんの体験談と考えを紹介するね。
リリオさんの引き寄せ体験談公開

引き寄せの法則体験談 昔のブログからピックアップ

リリオ左

次からはリリオさんが2017年の1月に書いた昔のブログの内容だよ
今とは雰囲気も文体も違うけど気にしないで読んでね(苦笑)

上原愛加さんの“プリンセスレッスン”がきっかけで潜在意識の世界を知った私。


上のリンクの記事にも書きましたが人生がいい方向に変わりました。

その後も更に自分なりに研究を続け最近ひとつの答えに達しました。

今回はもうホントにチラ裏、うまく伝わるかわからないけど今の考えを形にしたかった…。
つか、ただ単に誰かに言いたかっただけなんです(笑)
多分アコード&ラフェスたんには『目が滑る』とスルーされる内容かと思いますが…。

引き寄せにハマりひたすら調べまくる

プリンセスレッスン(以下プリレ)を実行して環境が変わり、味をしめた私はひたすら引き寄せの法則について調べました。

その中で潜在意識を操り意のままに人生を生きている人達…達人と呼ばれる方々の存在を知りました。


当時どうしても“この街から早く出て行きたい”という願いを叶えたくて必死でした。
プリレを実行する前はドン底でしたからね…詳しくは下のリンクのクラウドワークスマガジンに寄稿した記事をお読み下さい。

これだけ不幸が重なってしまうと何かのせいにしないと精神的にキツかったんですよね。
だから住んでる土地のせいにしてとにかく早急に何が何でも引っ越したかったんです。
新天地でやり直して幸せになりたいと必死でした。

今だから言えるけどこんな調子ではどこに行っても同じ事の繰り返しですよね。
『不幸だ!』と思える事がループしている事に気付いてなかったんです。

調べすぎた結果“引き寄せ難民”になる

“ここから出て行きたい”と朝起きた時から眠りに落ちるまで24時間体制で考えていました。

それだけ意識していればアッサリ叶うだろうと思っていました。

ところがどっこい、未だにここにいる。

『何なんだよ!もうこんな現実勘弁してくれや!』とヤケクソで過ごす日々が続きました。
するとやっぱり『ああ!もう!!とっととここから出て行きたい!!!』って思わざるを得ない事が次々起こるんですよ(笑)

引き寄せの達人の教えを守っているのに…なぜでしょうか?
当時の私は引き寄せを行う上で気をつけなければいけない事に全く気が付いていませんでした。

人間は変化を恐れる生存本能がある

どんなに喜ばしい事だったとしてもガラッと環境が変わると、人は少なからずストレスを感じてしまうそうです。
人間の中にある生存本能が変化を嫌うんだとか。

引っ越しというイベントはワクワクするので好きなんですが、本音を言えば引っ越し後の事を思うといろいろ不安があります。

新しい仕事は見つかるか?近所付き合いはうまくいくか?街の空気感が自分に合うか?
…考えたらキリがない。

引っ越したいくせに不安だらけ。
『引っ越したい!』と考えれば考えるほど潜在意識は引っ越し後の不安にフォーカスする。
それも無意識のうちにフォーカスしてるんだからタチが悪い。

それに気付くまでかなり時間がかかってしまいました。
幸せに向かって歩いているはずが私は遠回りしていたんですね…。

『諦めた頃に願いが叶う』とよく言われているのはすがりついていた願い事について意識しなくなると、願いの裏にある不安や変化に対する恐怖も一緒に手放せるから現実が動き出すのではないか?
と私なりの答えに達しました。

何かに集中する事で恐怖から自然と距離を置ける

引っ越し後の収入の不安をなくす為に始めたライター活動ですがライフワークにしたいと思える程楽しいです。
クライアント様からのお礼の言葉や読者の皆様からの反響など何かしらレスポンスがあるからワクワクします。

気が付けばライター活動の事ばかり考えててもう引っ越しの事はどうでも良くなりました。

ワクワクする出来事に囲まれて過ごす事で自分の心が生み出した不安や恐怖に気付きました。
何だかパンドラの箱の話みたいですね。


気付く事によってパンドラの箱の中はすっかり空っぽになりましたとさ(笑)

『何があっても自分は自分』という自信を持つ

この前『引っ越す時はいつも馴れた土地を離れる悲しみで涙を流した』と言っていた方がいました。
確かに頷けるところもありましたが今の私に不安はありません。

その土地・環境あっての私ではない。
どこにいても私は私。

ライター活動を始め、日々の買い物もアウトソーシングし(コープさっぽろのトドックを利用)、ネット環境も整え、持ち物も最小限にした。
納得行くまで生活を自分の理想に近付けた。

だから引っ越したとしても自分のライフスタイルが今までと大幅に変わりはしない。
自分なりに『転勤族の妻』というサバイバルを生き抜く為手を尽くした(ちょっと大げさかな)

どこにいても安心して生きていける自信を身に付ける為にこの街に来たのかもしれない。
長いことかかりましたが今となっては良かったと思います。

『守・破・離』って知ってますか?


私はMCUのこのアルバムで初めて『守・破・離』という言葉を知りました。

2番目の曲『SUPERSTAR』の歌詞が潜在意識の世界を理解する為に必要な心の在り方を示している気がします。
良かったら聴いてみて。

守・破・離の意味は下のサイトの解説がわかりやすいです。

つまりこれを潜在意識の世界に当てはめると↓
…達人たちの教えを守り、メソッドを忠実に行う。

…様々なメソッドを取り入れ、自分にしっくり来るようにアレンジしていく。

…メソッドを自分なりにアレンジした末にオリジナルのメソッドを作り出し、実行する。

達人と呼ばれる方々もこうしてメソッドを編み出したんじゃないかと思うんですがいかがでしょうか?

そして結果を早く出したいと焦る方はまさに『形無し』の状態に陥りやすい&自分では気付かない(つまり昔の私の事ですよね)

今後どう変化するかご期待下さい

私はまだまだ『離』の段階までたどり着いたとは思ってません。

しかし今はもう環境が変わる事に対して執着はありません。
穏やかな気持ちで過ごせる幸せな日々を送っています。

果たして今年度末どうなっているのか!?
その時が来たらブログ上で結果報告します。

2018年11月現在のリリオさん

リリオ左

これで昔のお話はおしまい(苦笑)
それにしてもあの頃は何事に対してもこんなに堅苦しく考えてたんだね…


ピエ右

でもまさかこの記事を書いた2ヶ月後、本当に引っ越す事になるとはつゆ知らず(笑)


リリオ左

そして気が付いたら2回も引っ越ししたなんてね(笑)


【思い込み】を捨てた事によって自分自身の気の持ちようが180度変わって、どこに行っても楽しめるようになったな~。

たしかに1年なり7年なり時間をかけて慣れ親しんだ土地を離れるのはそれなりにさみしくなる事もあるし、引っ越してからも時々『あんな事あったな…』なんて思い出して後ろ向きになる日もあるけどね。

だけど『今』という時を全身全霊かけて生きれば、“さみしい”とか“不安だ”とかそんな気持ちを感じるヒマなんかないよ。

考え方を変えるって簡単な事ではないけど、その先に幸せが待ってるとしたらどうする…!?

リリオさん今は変わる事に対する恐怖を超えてより幸せになりたいと思うんだ。

最後に

あの街で起きた数々の不幸な出来事をずっと恨み続けて生きて行くんだと思ってたけど、引っ越しが決まってから『もうこの街に戻る事はないんだろう』と思って、仲良くなった人に悲しい出来事の全てを打ち明けたよ。
そしたら『もっと早く知り合えてたら助けてあげられたのに…』って言葉をかけてくれたんだ。

この街は、この街に住む人達は優しかったのに、リリオさんがずっと考え方を変えずに過去を恨み続けてきたから気づけなかった。
もっと早く考え方を変えていたら違う世界もあったはず。

そんな経験があったからこれからは変化を恐れず生きて行くんだ。
変わる事を恐れてすぐそばにある幸せに気づけないのはもったいないよ。

今は自分の考え方を変えるきっかけをくれたあの街での7年という時間と、当時を必死に生きていた自分に感謝の気持ちでいっぱいだよ!