今だから言えるけど、昔のリリオさんはネガティブ思考のかたまりで、自分のことが大嫌いだったんだ(突然暗い話でゴメンネ)

6年前に読んだ本がきっかけで、人生変わったと感じているよ。
自分の過去を打ち明けるのはちょっと抵抗があるけど、今回はその本とリリオさんの変化についてお話を書くね。

人生投げ出したいと思ってるあなたにも知ってほしい。
今はこんなブログ書いてるリリオさんだけど、過去にはいろいろあって大変だった。
それでも、こうして生きていられるんだってことを。

広告

世界一!愛されて幸福になる魔法のプリンセスレッスン

リリオさんが読んだのは、上原愛加さんの世界一!愛されて幸福になる魔法のプリンセスレッスンって本だよ。
本は電子書籍派のリリオさんは、楽天koboで読んでるよ。

この本の内容をざっくり言うと、自分を大切にしよう!そうすれば幸せになれるよ!ってことが書いてあるんだ。

突然ですが、読者のみなさんに質問。
『幸せ』って誰が作るモノだと思う?
誰かが自分にプレゼントしてくれるモノだと思ってる??

リリオさんがこの本を読んで、書いてあることを実行してわかったのは
誰かからもらった幸せっていうのは長続きしないし、本当に自分を幸せにはしてくれない。
自分で自分を幸せにしようと行動してこそ、本当に幸せになっちゃうんだってこと。
そして、自分の力でゲットした幸せはいつまでも続くし、周りの人も幸せにしてしまうんだ。

いい大人が、プリンセスだなんて…って思ったけどさ。

でも、この本をよく読むと、お姫様っていう存在は周りに大切にされているから、『自分で自分自身をお姫様のように大切に扱おう!』ってことを伝えたいんだとわかったよ。

自分を幸せにしてほしいあまりに、たとえば他人に尽くして見返りを求めても、期待はずれの結果になる。
尽くされた相手にしてみたら、頼んでもいないのに勝手に世話焼いて、勝手にキレてるし…ってこともあるのにね。
逆に考えて、他人から与えてもらっても、自分から他人に与えることをおろそかにして、「この恩知らずめ!」って思われるのも何だかイヤだよね。
何よりも、生まれてから最期の日まで、自分と一生付き合っていくのは結局自分自身なんだから、1番身近な人(自分自身)が自分を大切にするのが一番手っ取り早いよね。
だから、自分のことは自分で責任をもって幸せにするのが、1番かんたんで楽なのかもしれない。

次からは、リリオさんがプリンセスレッスンに出会うまでのお話と、実行して体感した効果を紹介するね。

『どうせ私なんか…』と卑屈だった学生時代のリリオさん

リリオさんは小さい頃から人付き合いが苦手で、他人から誤解されたりいじめられたり…。
リア充な人達が、すごくうらやましいと思ってたな。

学生時代は友達作りに苦戦して、体育や家庭科の授業でグループ学習する時、一緒に組んでくれる人を探すのにいつも困っていたんだ。
だから、学校は休みがちだったし、勉強してもムダだと思ってたから成績もあまり良くなかった。

自分という人間を知ってもらおうと、とった行動がいつも空回りして、“変なヤツ”と思われて、ますます人と関わるのが怖くなっていった。

高校生にもなると、オシャレをしてみたい!って気持ちは出て来たんだけど、自分に自信がないから『こんな服着てたら変だと思われるかな…』って思って、地味なファッションばかりだった。
自分で選んで、『こんな服が着てみたい!』ってオカーさんに言えなかったから、他人が選んだ服を仕方なく着ていたんだ。

あの頃のリリオさんの写真はどれも、目つき悪いしどんよりオドオドしてたな…。

広告

給料のためだけに働いてた社会人時代のリリオさん

専門学校に行きつつ働き出したけど、人付き合いのヘタさ加減は社会人になっても直らなかった。

仕事中わからない事があっても、『またこんな事訊いて!いい加減覚えたら!?』って言われるのが怖くて誰にも訊けなかったし、わからないことだらけでいつまでも覚えられなかった。
そして、またミスをくり返す…。

どうしようもなくなった時、勇気を出して訊いてみたけど、冷たい言葉しか返って来なかった。
何度もミスをして物覚えが悪いから、みんなリリオさんに教えるのもイヤだったんだろうな…。

平日は毎日がそんな感じだったから、休みになるたび車で遠くに逃げるように遊び歩いて、給料は自分の自由に使えたから、今までできなかったオシャレにお金をかけたり…。

だけど、自分に自信がないのはあいかわらずだから、『こんな服着たい!』と思って買ったステキなワンピースも、結局1回も着ないでずっとクローゼットの中に入れたままだったり。

ストレスでムダ使いしてたから、手元にあまりお金は残らなかった。
憧れのブライダルプランナーの仕事がしたくて資格も取ったけど、やめる勇気もなくてずっと我慢して働いていたよ。

アニキと結婚してからのリリオさん

『仕事つらいな…』って思いながら毎日過ごしてたけど、ラッキーな事にアニキと出会って結婚できた。

リリオさん自分に自信がないせいで、『なんでアニキはリリオさんとお付き合いしてくれるんだろう…。本当はリリオさんのことそれほど好きでもないかも。付き合いが長いから仕方なく一緒にいてくれてるだけかも…。』ってずっと思ってたんだ。
だから、アニキにもたくさん迷惑かけたな…。

それでも、アニキは『結婚しよう』って言ってくれた。
そして、リリオさんはアニキの妻になった。

結婚してから半年後、初めて遠くへ引っ越しをしたんだ。
でも、引っ越し先になじめなくて毎日家にこもってた。
働こうと思ってあちこち面接したけど、断られてばかり。

ようやく働き出してから1ヶ月後、リリオさんのお腹の中に赤ちゃんが来てくれたんだ。
アニキも、アミーゴスも、ふるさとの家族も、みんな喜んでくれた。
リリオさん本当にうれしくて、赤ちゃんのためにも引っ越し生活や仕事をがんばろう!って思って毎日ワクワクしながら過ごしてたよ。

…でもね。

病院にいったら、お医者さんから『この赤ちゃんは生まれて来ることはできない』って言われちゃった…。
順調に育つことができなくて、もう少ししたら空に還ってしまうよって。
つまり、流産するからねって説明されたんだ。

それから半月後、本当にリリオさんのお腹の中からいなくなっちゃった…。

赤ちゃんが空に還ったその日は吹雪だったけど、アニキも仕事が休めないから誰にも頼れなくて、今まで生きてきた中で1番お腹が痛かったけど、自分で車を運転して病院に行ったよ。

お医者さんから、『もうお腹の中には赤ちゃんはいません』って言われて、リリオさん悲しくて涙が止まらなかった。
生きてきた中で、1番悲しいできごとだったよ。

次の日仕事に戻ったら、お店の店長夫人から流産したことをバカにされて、リリオさんはこんなイヤな思いをするために引っ越して来たんじゃない!って悔しくなった。

でも、やっぱりやめる勇気がないから、ずっと我慢して働いてたんだ。

それから2年後。
遠くに住んでてなかなか会えない、大好きな母方のばーちゃんが亡くなったんだ。

まだ元気だった頃は、アニキとリリオさんの結婚式にも出席してくれて、最高の思い出ができたんだ。
でも、元々持病があって年々悪化していたから、時々アニキやオカーさんと一緒に会いに行ってたんだ。

ばーちゃんが亡くなる年のお正月、アニキ・アコードさん・ラフェスたん・オトーさん・オカーさん・リリオさんの6人で行く毎年恒例の旅行に、ばーちゃんも連れて行こう!って計画していたんだ。
でも、旅行直前になってばーちゃんは体調を崩して入院してしまったんだ。

いつもなら1~2ヶ月くらいで退院していたけど、どんどん退院が長引いていく。
夏になっても入院したままだったから、アニキと2人でお見舞いに行ったよ。
その時はまだ歩けてたから、3人で病院のロビーで少し話をしてから帰ったよ。

それから、短期間でばーちゃんの容態が変わって、ある日、オトーさんから『できる限り早いうちに会いに行け』って電話が来たんだ。
『この前会った時は元気そうだったしそのうち様子でも見に行くか~』ってつもりでいたら、『もう長くない』って突然連絡が来てね。

1ヶ月半ぶりに会ったばーちゃんは、寝たきりになってた。
会話もできなかった。

本当にもう長くないんだな…って思ったリリオさんは、アコードさんとラフェスたんに『何があってもばーちゃんの命が尽きるまでは、ばーちゃんの前では泣かないことにしよう!』って約束をしたんだけど、それから約2週間後、息を引き取った。

オカーさんはずっとばーちゃんに付きっきりで、危篤の連絡が来てからアコードさんとオトーさんとリリオさんの3人で札幌に向かったんだけど、間に合わなかった。

その日の夜に行った枕勤めの後、仏間に横たわる遺体の顔に掛けられた白い布を取ってばーちゃんの顔を見た瞬間、『自分が遠くに行ってしまったから、ふるさとから離れてしまったから、あんなところに住んでいるせいで最期に会えなかった』って気持ちがこみ上げて来たんだ。
この瞬間まで、「ばーちゃんが亡くなった」って言われても、自分の目で確かめていないから信じないぞ!って強く思ってたんだけど。
悲しくて悲しくて、オカーさんにすがりついて涙を流したことはきっと一生忘れないと思う。

その後、オカーさんの実家があったところに行ったんだけど、あったのは古びた小屋だけ。
家もだいぶ前に解体したし、形に残る思い出は何もなかった。

『この世のどこを探しても、ばーちゃんはもういない』って気がついて、車の中で1人泣いた。

アニキとリリオさんのもとに赤ちゃんが来てくれたことをとても喜んでくれて、赤ちゃんが空に還った時はそっと励ましてくれたばーちゃん。
ばーちゃんに嬉しいニュースを届けたかったけど、叶わなかった。

今は、天国で会いたい人に会えただろうか。
アニキとリリオさんの赤ちゃんにも会えただろうか。

広告

人生どん底のリリオさん、プリンセスレッスンに出会う

『早く引っ越したい』と思いながらも、ぜんぜん引っ越しする気配もないまま、同じところで結局2年半働いてたんだ。

ある日の仕事帰り、たまたま本屋さんに寄り道して『おもしろい本ないかな~?』ってウロウロしてたら、プリンセスレッスンの本を見つけたよ。

立ち読みもしないで表紙だけ見て買っちゃった。
今までのリリオさんだったら絶対買わないだろうって雰囲気の、やたらファンシーな表紙に一瞬ひるんだけど(笑)
じっくり読んでみたかったんだ。

本を書いた上原愛加さんはリリオさんと同年代の女性で、自分を幸せにする方法や大切さを知っていて、それを多くの人に教えて、教えられた人も幸せになっているってことにビックリしたし、うらやましくなったよ。

上原さんは幸せな女性で、プリンセスレッスンを通じて多くの人に幸せを分け与える。
プリンセスレッスンを教えてもらった人達は、上原さんの幸せのおすそ分けに対してお礼を伝える。
すごくステキなサイクルが、その本の中に記されていたんだ。
だから、あっという間に読み終わったよ。

そして、リリオさんも本の通りに行動して、『本気で自分を変えよう!』って思ったんだ。

リリオさんのプリンセスレッスンその1 いいこと日記を書く

まず、読み終わったその日から始めたのは、いいこと日記を書く。
たまたまもらいモノの手帳があったので、いいことだけを毎日書いてみたんだ。

最初はぜんぜん見つからなかったのに、毎日書いていると小さないいことに気付けるようになったんだ。
“〇〇さんが『いつもがんばってるね!』って声をかけてくれた”とか。

今までだったら気にも留めなかった、そんなことも嬉しく感じるようになったよ。

何か月かたつとスラスラと書けるようになって、手帳の狭いスペースには収まらなくなるくらい、たくさんのいいことを見つけられるようになったんだ。

今は、スマホアプリ月に書く日記を使ってるよ↓

月に書く日記 -成長するダイアリー(無料)

月に書く日記 -成長するダイアリー(無料)
開発元:Ezekiel
posted withアプリーチ

リリオさんのプリンセスレッスンその2 自分に『いいよ!』する

次にやってみたのは、自分が食べたいと思ったお菓子を仕事帰りに買って食べること(笑)

『お菓子買って食べるなんてそんなぜいたくできるか!』って思ってたけど、逆に考えたら毎日イヤな仕事をこんなにがんばってるのに、自分で自分を許さないなんて悲しいよね。
1回につき100円以内のお菓子を買うなら、お財布もさみしくならないし(笑)

『今日もネチネチ言われたけどがんばったな~!よくやったリリオ!!』って自分をはげまして、また次の日仕事に行くんだ。

ちなみに今は…お菓子じゃなくて、お酒を買って晩ごはんの後にゆっくり飲んでるよ(笑)
おつまみも食べるせいか、最近体重が…。
でも、自分をはげましてるんだから気にしない(;´∀`)

リリオさんのプリンセスレッスンその3 毎日掃除をする

それから、おうちを掃除してキレイに保つのもやってみた。

朝起きてから掃除すれば、仕事から帰って来た時キレイなおうちがリリオさんを迎えてくれるんだ(笑)
キレイなおうちでゆったりくつろいでいるアニキを見ると、『朝に掃除して良かった~』って感じるよ。

もちろん、今でも掃除の習慣は続けているよ。
お弁当を作りながら洗濯したり、何かのついでにちょこちょこ掃除して、その後ブログを書いたりしてるよ。

リリオさんのプリンセスレッスンその4 お気に入りのパジャマを着る

さらにやってみたのは、いいパジャマを買うこと。

当時、リリオさんは着古したボロボロのパジャマを着てたけど、ユニクロでフリースの温かいワンピース型ルームウェアと、薄くて軽いロングパンツを買って来たよ。

夜寝る前にお気に入りのパジャマに着替えると、すごくホッとするんだ。
じっくり選んで買ったから大切に扱ったし、旅行の時も持って行ったよ。

今は、GUで買ったコットン100%の七分袖ワンピース型シャツパジャマだよ。
リリオさんの自己紹介のお話の写真に写ってる、ピンク色のストライプのが今のパジャマだよ↓

プリンセスレッスンを始めてからある日突然起きた変化

プリンセスレッスンを始めてから3ヶ月後、いつまでもこの仕事を続けていたら幸せにはなれないと気づいて、思い切ってアニキに『仕事やめたい』って相談したんだ。

そしたら、アニキはあっさり『(・∀・)イイヨ!!』って言ってくれたから拍子抜けしたよね(笑)

悪天候の通勤途中、何度も事故にあいそうになったし、ガソリン代が交通費より高くついてたし。
つか、交通費たった2000円で往復60km、週6日出てこいとか…ガソリン代かさむの当たり前だべや!!

何よりも、

アニキアニキ

リリオちゃんあの店に虐げられてるもんな…


って言ってくれたから、次の日お店の店長に『やめます』って伝えることができたよ。

やめてからは、1ヶ月のんびり過ごさせてもらったよ。
その後、近所でいい仕事を見つける!と決めたらすぐに見つかって、面接したその場で雇ってもらえたんだ。
シャチョーに、『いつから来れる?』なんてすぐ聞かれると思ってなかったから、ビックリしたけど(笑)
さらに、たくさん友達ができて…。
本当に嬉しかったよ。

広告

猛スピードで幸せの階段を駆け上がるリリオさん

東の町に引っ越してから、ちょっとだけプリンセスレッスンをお休みしてたら、カゼをこじらせて肺炎になりかけたり、周りの人とうまくいかなかったり、またカオスリリオさんになっちゃったけど(汗)
苦しい状況にも負けないでプリンセスレッスンを再開したら、新しい仕事先で『リリオさんがいるとあったかい』とか『私リリオさんのこと大好き!』って、あたたかい言葉をかけてくれる人達に恵まれたよ。
時々大変なもあったけど、最後までがんばれたんだ。

まさか1年で引っ越すとは思わなかったけど、西の町に近いところにある南の町に引っ越せたおかげで、また前の仕事とご縁がつながって、みんなと毎日一緒に楽しく仕事できたなんてね…。


そしてその後、まさか、まさかの!
いつか夢見た、ふるさとの町に戻ることができた…!!



ある日、『いつか、今よりも幸せになって戻る』って、そう決めた。
不幸が続いた時期に、心の底では『本当は幸せになりたい!』って願っていたリリオさん。
それが叶うなんて、本当に夢みたい!

プリンセスレッスンでリリオさんが得たのは、どんな時でも自分自身を全力で幸せにする心の豊かさだったり、チャンスを確実にものにする強さだったり、小学生から93歳まで幅広い年齢の多くの友達だったり…。

リリオさん今は、自分自身が幸運の女神なんじゃないかと思うね(笑)

あの頃の自分がプリンセスレッスンを知ったらと思うと

もし若い頃の自分が、プリンセスレッスンを知り実行してたら…と思ったよ。

きっと、誰にも自分にも遠慮なくオシャレを楽しんだり、あの頃好きだった同級生の男の子とデートしてたかもしれないし(笑)

でも、あのタイミングでプリンセスレッスンに出会って良かったと思うよ。
たくさんの悲しみや悔しさを経験した分、昔のリリオさんみたいな人の力になれるかもしれない。
こんな経験した人間がこの世界のどこかにいるよ!って発信する事によって、誰かを助けられるかもしれない。
リリオさんも、プリンセスレッスンの本やネットに載ってる体験談が励みになったから。

自分で自分を幸せにすることによってこれだけ人生変わったてことを、もっと多くの人に伝えていきたいな。

『自分の人生はこんなのじゃない…』と納得いかないまま過ごしているなら、世界一!愛されて幸福になる魔法のプリンセスレッスンを読んで、自分の人生の物語の主役になってみない?

あわせて読みたい『世界で一番幸せになれるプリンセス・ブック』

プリンセスレッスンをしていて自分を幸せにする事が当たり前になってくると、人によってはマンネリ化してくる事もあるかも…。
実際、リリオさんがそうだったからね。

そんな時、世界で一番幸せになれるプリンセス・ブックに出会ったんだ。

この本も、基本的に内容はプリンセスレッスンと同じなんだけど、自分を幸せにする具体的な例が載ってるから、プリンセスレッスンに行き詰まったら読んでみてね。

世界で一番幸せになれるプリンセス・ブック、リリオさんの体験談は、下のリンクから

プリンセスレッスンを始めてから6年後、リリオさんはどうなった!?

プリンセスレッスンがきっかけで、引き寄せの法則を知ったリリオさん。

時々腐ったりしながらも、自分を幸せにする事を続けた結果…。

長くなるので、新しくお話を書いたから読んでみてね。

プリンセスレッスンを始めてから5年後のリリオさんのお話は、下のリンクから↓